オリジナルキャップ

中学生のころ流行したアポロ・キャップ

私たちが中学生のころ、アポロキャップが流行りました。アポロキャップとは、NASA(アメリカ航空宇宙局)で用いられたスタッフが被る作業帽をイメージした、少しひさしが長めの野球帽の形をした帽子のことをいいます。身近なところでは、警察や消防、自衛隊や警備会社等の団体で作業用のユニフォームとして使われていることが多く、ツバの上部に刺繍で模様が施されており、その模様によって所属やグループがわかるように工夫されています。
私が通っていた中学校は、男子が坊主頭でしたので、坊主頭隠しとファッションを兼ねてアポロキャップをかぶる男の子がたくさんいました。有名人では、アリスの谷村新司さんがアポロキャップを目深に被っていたことを思い出しました。将来私の夫になることになる少年も、黒や赤のアポロキャップを目深に被り、ひさしの下から大きな目で周りを見ていたように思います。
高校生になっても、アポロキャップの流行はしばらく続いていました。特に1年生は、中学時代の坊主頭から髪が伸びてもっとおしゃれになる時期でしたが、アポロキャップを引き続き愛用していたものです。我が家にそのころのアポロキャップはもうありませんが、その後は、娘たちが有名な遊園日へ遊びに行ったときにキャラクターをあしらったアポロキャップを買ってきて喜んで着ています。

ピックアップコンテンツ

キャップはオシャレする以外にも使えます

髪の毛の太さや質によっては、朝起きた時に寝癖が付いてしまうことがあります。朝に髪の毛を洗う習慣がある人、またはムースやワックスを付けて…

詳細を読む

挑戦してみたいお洒落なアイテム

ショップで見かけるキャップは、カラフルな物もあり、オブジェのようにも見えてとってもきれいです。カッコ良さと可愛さが同居しているような商…

詳細を読む

自分に合ったキャップを選ぶには?

キャップといえば、子供っぽい印象を持つ人もいらっしゃるかもしれませんが、着こなしによってはとてもオシャレなアイテムになります。そんなキ…

詳細を読む