オリジナルキャップ

挑戦してみたいお洒落なアイテム

ショップで見かけるキャップは、カラフルな物もあり、オブジェのようにも見えてとってもきれいです。カッコ良さと可愛さが同居しているような商品もあるので、買ってみようかな…と思うこともたまにあります。でも、なかなかできずに、未だに憧れの存在のままです。何故迷うかというと、管理の仕方が分からないからです。私も貧乏性なので、飾りが多いものだと、「いつまで持つかなあ」と考えてしまう癖があるんです。
スパンコールが沢山縫い付けられている商品は少しでもはがれると一気にカッコ悪くなって、もう使えないんじゃ…と思ってしまって。だけど、相変わらず見ているのは楽しいです。実は一度、白いキャップを買ってかぶっていた時期があります。でも、汗ジミで黄ばんでしまい、ネットに入れて洗濯してもだんだんしょぼくなっていくばかり。
ちょっと切ない思いをしたことがあるんです。あれから年月がたち、「きっといつかは!」と思いながら楽しくキャップ売り場を眺める夏を何度も過ごしました。今、ちょうどショートカットだし、かなりボーイッシュなTシャツが流行っているようなので、うきうきと心が揺れています。白以外の、濃いめの色のキャップなら大丈夫かな?

ピックアップコンテンツ

キャップはオシャレする以外にも使えます

髪の毛の太さや質によっては、朝起きた時に寝癖が付いてしまうことがあります。朝に髪の毛を洗う習慣がある人、またはムースやワックスを付けて…

詳細を読む

挑戦してみたいお洒落なアイテム

ショップで見かけるキャップは、カラフルな物もあり、オブジェのようにも見えてとってもきれいです。カッコ良さと可愛さが同居しているような商…

詳細を読む

自分に合ったキャップを選ぶには?

キャップといえば、子供っぽい印象を持つ人もいらっしゃるかもしれませんが、着こなしによってはとてもオシャレなアイテムになります。そんなキ…

詳細を読む